読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小沢健二「お茶でも飲みましょう」2012.9.14 実況レポート #ozkn

はじめに

2012年9月14日に渋谷クラブクアトロにて行われた、
小沢健二さんのSkype中継イベント「お茶でも飲みましょう」の実況ツイートをまとめたものです。

なんで2016年の今、3年以上前のイベントのツイートをまとめてるの?
というと、僕はつい先日の1月20日にこちらの実況をしたのですが、
この前回にあたるイベントが、2012年の「お茶でも飲みましょう」なのですね。会場も同じ渋谷クラブクアトロ。
で、「そういえばあの時もかなり頑張って実況したなあ」と久々に自分のログを読み返してみたのですが、
これがいま読んでみると、新鮮味があって面白いし、先日の朗読の内容とリンクしている部分もあったりする。
それに、もしかしたら今度の小沢さんのツアー「魔法的」の前に読んでおいたほうが、より「魔法的」を楽しめるのかも?
と思い、今になってまとめてみた次第です。

なお、毎度のことながら、イベント中にリアルタイムで実況したツイート群なので、誤りや漏れは多々あります。


あと、これは面白いなと思った点がもう一つ。
「お茶でも飲みましょう」では、会場に公式の“タイピスト”の方がいらっしゃって、その方による記録(しかも小沢さん本人による注釈付き)が公開されています。
タイピストの記録
で、この公式記録を読み返してみたところ、僕の実況との違いが多いんですね。
それは別にどちらが正しいとか間違っているとかではなく、トークの内容や会場の様子のうち、どこをどう拾ってどう記録したか、っていうアプローチの違いなんですが。
その違いが、いま比較してみるとなかなか面白い。
僕個人が「まさかこんな話で飛び出して、しかも客席がこんな反応をするなんて!」とこのトークで一番びっくりした発言(後述)が、↑の記録ではまったく載ってなかったりするのです。

というわけで、以下まとめです。
ツイートの合間合間に入っているテキストは、2016年の僕による注釈です。また、標題も適宜挿入しております。

2012年9月14日 渋谷クラブクアトロ「お茶でも飲みましょう」

開演前




www.instagram.com

www.instagram.com
この時期に数回行われていたSkypeトークイベントでは、入場時にトランプを一人一枚ずつ配布して、本編で小沢さんがランダムに引いたトランプとピッタリ一致した人がステージに上がって「日常の大ニュース」を発表する、というコーナーが恒例でした。

www.instagram.com
写真左下に映り込んでいるのがこの日の特製ドリンク「煙茶」。紅茶ベースで、アルコールが入ったものと記憶しています。

ステージには大きなスクリーンがあって、中央に小沢さんのSkype中継、たしか客席から見て右手側にInstagramやTwitterでの「#ozkn」タグ付きの投稿がリアルタイムで表示されていったような。
この人が“タイピスト”の方ですね。

この日の司会進行はナタリー編集長の大山卓也さん。

Skype中継がスタート








そっか、メガネ姿はこの時点ではとても新鮮だった(もしかしたら公の場では初?)だったのですね。まさか後に、最終回直前の「笑っていいとも!」にメガネ姿で出演することになるとは……。







この日は全体的にSkypeの調子が悪かったのですが、特に序盤はほとんど声が聞こえず。客席からも「ああー……」と残念がる声があがっていました。この場面でどんな話をしていたのか、「タイピスト記録」のほうを読むと謎が解けます。






卓也さんの姿は、終始まったく見えませんでした……。




2010年のツアー「ひふみよ」の話



小沢さんがUstreamにて2012年のコンサート「東京の街が奏でる」と作品集「我ら、時」の発表をしたとき、卓也さんのこのブログの内容が話に出たのです。



そういえば今度のツアー「魔法的」も、最終日は福岡ですね。










「ひふみよ」の公演当時、「あの人が客席にいた!」的な情報がけっこうネット上で飛び交っていた記憶があります。

ナタリーの日常、ニューヨークシティの日常












「我ら、時」、フリッパーズ・ギター、「東京の街が奏でる」












幻の曲「帝都、魔界」。「魔法的」ツアーでは披露されるのでしょうか?



この「お茶会」の少し前に、名古屋で「別テイク」というSkype中継イベントが開催されて僕も行きました。会場にはタケイグッドマンさんとシャシャミンさんがいて、トークとともに、いくつか映像が上映されていました。






OZKN.net


















タイピストさんの記録では割愛されていますが、個人的には一番衝撃的だった瞬間です。小沢さんがこう公言するのにも驚きましたし、何より、(「わかるわかる」と言わんばかりに)客席から笑い声が上がったことが大変な衝撃でした。

日常の大ニュース










そういえば、先日の「魔法的」発表&朗読会の会場には、子連れの関係者の方が多かったような気がします。実際、朗読の最中に子どもの泣き声が何度か聞こえました。もしかしたら、招待の際に「子連れOK」みたいなアナウンスがあったのかもしれませんね。










「東京の街が奏でる」での朗読のなかに、「小走り」に関するお話がありました。小走りをするのは日本人だけで、そもそも小走りをしても早歩きするのとそんなに速さは変わりないはずなのに……といったお話だと記憶しています。













「いちご」=「一語」です。


渋谷クラブクアトロ、今後の活動




「魔法的」発表&朗読会でも、「客席にもステージも思い出の多い、ここ渋谷クアトロ」という表現がありました。








終演後

この日はSkype中継が終わってからも「残りたいお客さんは時間いっぱいまで残ってどうぞ」といったシステムだったと思います。僕は「煙茶」を飲みながら最後までゆっくりしていました。ツイートの時刻を見るに、小一時間くらいSHINCOさんのDJタイムがあったんですね。





この日の小沢さんの「OZKN」の発音は「オーズィーケーエヌ」だったかな? たしか、英語以外の発音で「オーセッタカーエネ」と読んでいたこともあったような? 何語だったかな……と思い調べてみたら、そのものズバリなYahoo!知恵袋の相談があってのけぞりました。
www.instagram.com


www.instagram.com

以上です。冒頭にも書いたとおり、公式のタイピスト記録と合わせてお読みになると倍以上楽しめるのではないかと思います。
タイピストの記録
(内容に明らかな誤りがあったとか)何かありましたら、Twitterでお声かけください。