小沢健二 #ozkn 関連記事一覧

当ブログの #ozkn (小沢健二)関連記事の一覧です。
 
別に当ブログは小沢氏の話題専門ではないのですが、
どうしてもその話題が多くなりがちなので、
あらためて整理してみました。
 
カテゴリ別と時系列順、2種類の方法でまとめています。
 
また、小沢氏関連のスケジュール(リリース・出演情報等)はGoogleカレンダーの「ショッカー活動予定表」にも随時追加していますので併せてどうぞ。
 

 

カテゴリ別

楽曲解説

 2016年の後半はこの記事の執筆に捧げたといっても過言ではない。
 1994年のリリース以降、無数のカバーを生んでいる日本のポップス&ラップのクラシック「今夜はブギー・バック」の徹底解説記事。前編は原曲に焦点を絞って解説。
 
 ブギーバック解説の後編。2016年末時点で存在する(おそらく)すべてのカバーを調べ尽くしました。書いた本人が読み返しても眩暈がしますね。
 今もなお新たなカバーが増えているので、いずれ改訂をしたいところ……。
 
 2017年2月22日に発売された小沢健二の19年ぶりのシングル『流動体について』についての解説。
 2016年のライブツアー「魔法的」で聴いたときの記憶等を元に、シングルのリリース前に解説記事をアップしました。
 
 2017年9月6日に発売されたシングル『フクロウの声が聞こえる』の解説。前編では、小沢健二とSEKAI NO OWARIによる表題曲について、コラボレーションに至るまでの両者の関係などを整理しています。
 
 後半はもっと細かい話題をいろいろと。
 曲の「Uh, uh」と「そう、そう」のタイミングを図解したり、小沢健二とSEKAI NO OWARIがニューヨークで初めて遊んだときに廻った場所の地図をGoogleマップのマイマップで再現したり、セカオワファンのかたにオススメしたい小沢曲の話題だったり、今回のコラボの理由をあらためて考えたり。
 

ライブ・イベントレポート

 2016年1月20日にいきなり渋谷クラブクアトロでおこなわれた、「魔法的」ツアー発表&朗読会の実況ログをもとにしたレポート。
 このときのモノローグの内容は、「魔法的モノローグ台本+4+2」という本に収録されています。
 
 この記事を載せたのは2016年のことですが、イベント自体は2012年9月14日におこなわれたもの。
 小沢氏がSkype経由で出演した、渋谷クラブクアトロでのイベント「お茶でも飲みましょう」の実況ログをもとにしたレポートです。
 
 2016年5~6月におこなわれたライブツアー「魔法的」のライブレポートです。
 主にライブ初日と2日目の模様をもとに書いています。
 
 「魔法的」ツアーの番外編的なかたちでおこなわれた、「言葉は都市を変えてゆく 小沢健二 美術館セット×2」の金沢公演のレポートです。
 「モノローグ部分のみ実況OK」というライブだったので、実況時のログをもとに構成しています。
 
 フジロック2017での1回目のステージ、WHITE STAGEでの「魔法的」(同名ツアーのアンコール的なセット)のライブレポート。
 タイトルにあるとおり、「爆裂炎上」のライブでした。その熱気が少しでも伝われば幸いです。
 
 フジロック2017での2回目の、PYRAMID GARDENでの「夏休み、我らが社会の偉大なる時計」のライブレポート。
 モノローグの内容(実況ログをもとに再構成)も載せています。
 

トーク書き起こし

 2012年の「我ら、時」(ボックス)発表時にUstream中継でおこなわれたイベント「小沢健二 vs Ustream REMATCH」の小沢氏のトークの書き起こしです。
 90年代に突如音楽活動を休止したときの心境について、ここまで正直に語っている場面はなかなかないんじゃないかな、と思います。
 
 2017年3月5日放送、J-WAVE「TOKIO HOT 100」にゲスト出演した際のクリス・ペプラー氏とのトークの書き起こしです。
 「アルバムの構想は?」と訊かれ、「あわ、あわ、あわわわわ……」と狼狽しつつも、小声で「楽しみに」と呟いています。
 
 2017年2月26日放送、NHK-FM「きらクラ!」にゲスト出演した際のふかわりょう氏、遠藤真理氏とのトークの書き起こしです。
 クラシックとの関わりや、意外なオススメ曲など、興味深いエピソードが多々。
 

その他

 「魔法的」ツアーやフジロック2017で販売されたグッズ「魔法的電子回路」について、コーディネート等をいろいろ研究しました。
 
 「魔法的」ツアーの新曲のいくつかで披露された振り付けの写真解説です。
 またみんなで踊る機会がきてほしいですね。
 
 2017年2月22日のシングル『流動体について』リリースに合わせ、これまでにない頻度でテレビ・ラジオへの出演があったので、それらを整理しました。
 
 ネット(主にTwitter)上のあれこれについて、ちょっと思ったことを書きました。勢いで書いてしまった節もあるけど、意外に多くのかたから同意いただけたので、発表した意味はあったのかなと。
 

時系列順

年月日 出来事 当ブログの関連記事
1994年3月9日 シングル『今夜はブギー・バック』発売*1 世界一ていねいかもしれない「今夜はブギー・バック」の解説【前編】(nice original) - 小さなドーナツを描いていた
世界一ていねいかもしれない「今夜はブギー・バック」の解説【後編】(smooth cover) - 小さなドーナツを描いていた
2012年2月28日 イベント「小沢健二 vs Ustream REMATCH」 「小沢健二 vs Ustream REMATCH」書き起こし #ozkn - 小さなドーナツを描いていた
2012年9月14日 イベント「お茶でも飲みましょう」(渋谷クラブクアトロ) 小沢健二「お茶でも飲みましょう」2012.9.14 実況レポート #ozkn - 小さなドーナツを描いていた
2016年1月20日 イベント「魔法的」ツアー発表会&朗読会*2(渋谷クラブクアトロ) 小沢健二「魔法的」ツアー発表&朗読会 2016.1.20 実況レポート #ozkn - 小さなドーナツを描いていた
2016年5月25日~6月27日 ライブ「魔法的 Gターr ベasス Dラms キーeyズ」 小沢健二「魔法的 Gターr ベasス Dラms キーeyズ」ライブレポート #ozkn - 小さなドーナツを描いていた
【ネタバレなし】小沢健二「魔法的」ツアーグッズ「魔法的電子回路」の研究 #ozkn - 小さなドーナツを描いていた
小沢健二「魔法的」の“あの動き”をおさらいしよう #ozkn - 小さなドーナツを描いていた
2016年6月24日,26日 ライブ「言葉は都市を変えてゆく 小沢健二 美術館セット×2」 「言葉は都市を変えてゆく 小沢健二 美術館セット×2」金沢21世紀美術館2016.6.21ライブレポート #ozkn - 小さなドーナツを描いていた
2017年2月22日 シングル『流動体について』発売 小沢健二「流動体について」について #ozkn - 小さなドーナツを描いていた
小沢健二「流動体について」関連の出演について #ozkn - 小さなドーナツを描いていた
2017年2月26日 NHK-FM「きらクラ!」出演 NHK-FM「きらクラ!」小沢健二ゲスト出演部分書き起こし #ozkn - 小さなドーナツを描いていた
2017年3月5日 J-WAVE「TOKIO HOT 100」出演 J-WAVE「TOKIO HOT 100」小沢健二ゲスト出演部分書き起こし #ozkn - 小さなドーナツを描いていた
2017年5月29日 スペースシャワーTV「流動体について」MV先行公開 「深い愛を抱けているか?」 - 小さなドーナツを描いていた
2017年8月10日 「FUJI ROCK FESTIVAL 2017」出演 小沢健二 #ozkn 729 8:00 PM「魔法的」(FUJI ROCK FESTIVAL 2017 WHITE STAGE)ライブレポート~爆裂炎上、大合唱の夜 - 小さなドーナツを描いていた
小沢健二 #ozkn 729 11:30 PM「夏休み、我らが社会の偉大なる時計」(FUJI ROCK FESTIVAL 2017 PYRAMID GARDEN)ライブレポート~深夜の森、真夏の雨。甘美な音楽、素敵な朗読。 - 小さなドーナツを描いていた
2017年9月6日 シングル『フクロウの声が聞こえる』発売 小沢健二とSEKAI NO OWARI「フクロウの声が聞こえる」について(前編) #ozkn #sekainoowari - 小さなドーナツを描いていた
小沢健二とSEKAI NO OWARI「フクロウの声が聞こえる」について(後編) #ozkn #sekainoowari - 小さなドーナツを描いていた

*1:小沢健二 featuring スチャダラパー『今夜はブギー・バック (nice vocal)」、スチャダラパー featuring 小沢健二『今夜はブギー・バック (smooth rap)』の同時リリース

*2:このイベントの正式名称はないのでこれは仮の呼称です